この記事は↑こんなかんじ↑のLive2Dを使ったFlash広告を掲載するまでの経緯のまとめです。
マウスオーバーするとそっちを向くように動きます。
以前の記事はこちらを御覧ください。
  1. 広告掲載について
  2. モデル編
  3. テクスチャ編
  4. プログラム編
  5. モーション編


目的 : Live2Dを使ったインタラクティブなFlash広告を作る。
勝利条件 : ファイルサイズを200KBに収めなければならない。
結果 : 172バイトの余裕を持って200KBに収まった。

2014-09-05_20h39_53


というわけで、無事条件をクリアしてLive2D Flash広告を作成することができました !

上記記事での容量削減はLive2Dアプリに限らず適用出来る部分もあるので、皆様のアプリ制作などの役に立ててもらえれば幸いです。 


今回のFlash広告はTwitter上などでも好評で、実際に広告のクリック率は平均の7.6倍だったそうです !

キャラクターを使った広告を出そうと考えている企業の皆様、Live2Dモデルを使ってインタラクティブな広告を作ってみませんか?
興味がある場合はお気軽にお問い合わせください !
http://www.live2d.com/contact


 Live2Dのコンテストも9月末まで開催中です !
contest_hero